キャッシング、ニートのあなたでも通る審査基準

キャッシング会社にとって、一番怖いのはなんといっても融資が未回収になることです。利息が取れないどころか、元本まで回収不能になってしまったら、消費者金融も商売上がったりですし、同時に昨今の自己破産者の増加を原因とした法改正により、審査基準も厳しくなっているご時世ですから、いわゆる無職やニートの人がキャッシングなんて不可能だろう、と思われるかもしれません。

結論から言いますと、無職の人が融資を受けるのは限りなく困難であると言えるでしょう。皆さんが消費者金融の会社の立場だったら、やはり貸したくない、というのが常識でしょう。でも、それでも借りる方法がないのか、と言いますと、融資が絶対に可能になるわけではありませんが、若干可能性が高まるいくつかの秘訣があります。それを以下にお知らせしたいと思います。

一つは「無職は融資が難しい」とハナから諦めて、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」式で複数の消費者金融に申込みする方がいらっしゃいますが、それは絶対にやめてください。これも消費者金融の立場から考えてみたら、火を見るより明らかですよね。金融業者はお互い情報を共有していますから、あなたが大した収入もないのに、いくつもの会社に融資申し込みをしていることを知ったら、それだけで「この人はやばい」と思わせてしまうのではないでしょうか。ですから、気持ちは分かりますが、融資申込みは多くても2社以下にとどめておいてください。

その上で、あなたの「無職」「ニート」という社会的な立場をどう解決するか、ということになりますが、少しでも収入があるということをアピールするしかありません。例えば正社員でなくても、アルバイトやフリーターとしての収入はないでしょうか?あるいはニートでも、家でヤフーオークションをして結構収入があったりしませんか?もしそうだとすればいわばあなたは「自営業」として申し込みをすることができるかもしれません。あるいはまた派遣会社の社員として登録していませんか?とにかく、審査する側に少しでも自分には返済能力があるんだということをアピールするのに有利な材料を探してみてください。

もちろん、こうしたアピールをしたとしても、審査に通る確率は決して高くありません。でも、会社ごとに審査の基準は異なりますし、消費者金融としても顧客減少している昨今、少しでも新規顧客を獲得したいという現状もあります(もちろん、貸し倒れになるような顧客を取りたくはないと思っているはずですが・・)ですから、やってみる価値はあるといえるでしょう。

最後に、正論を言いますが、ニートや無職で借金したい、というその発想が間違っているということを思いに留めてください。就職難で仕事が見つからない、という苦悩はわかりますが、収入がない中借金をして当座はしのげるかもしれませんが、長期的な視点でみればさらに自分の首を締めることになるでしょう。まずはハローワークに行ったりして何とか仕事を見つけることから初めてはいかがでしょうか。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/direktori-perdamaian.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678