ブラックリストに載っても可能な借金方法はこんなにある!?

ブラックリスト、誰でも聞いたことのある言葉だと思います。実はブラックリストというリストを金融機関が作成しているわけではありません。金融機関は、信販会社系、銀行系、消費者金融系に分けられますが、それぞれ信用情報会社を持っており、その保有する個人の信用情報に借入に関する事故情報、つまりお金を返すのを遅らせたり、最終的には返さずに自己破産したという情報が載せられた時に、その人をブラックリストに載せる、という言い方をするのです。そして、その情報は金融機関同士共有されています。

さて、こうしたブラックリストに載せられた人が借入をするのは可能なのでしょうか。お金を貸す側からすれば、当然そういう人にお金を貸したくないであろうことは容易に想像できます。そして、実際一度ブラックリストに載せられてしまうと、再度のキャッシングはかなり難しくなる、と言わざるを得ません。もちろん、ブラック情報は永久的にその個人の信用情報に記載されているわけではありません。情報の内容にもよりますが、原則的には5年~10年で消えると言われています。しかし、10年たったあとに新規借入の顧客と同じように扱ってもらえると期待するのはやはり虫が良すぎると言わざるを得ません。

インターネットで検索すると、ブラックリストに載せられていても融資可能との謳い文句を多く見かけます。これは本当なのでしょうか?もちろん、本当です。しかし、その融資してくれる会社は間違いなく闇金融、つまりきちんと貸金業者としての登録をしていなかったり、法律で定められている利率を超える暴利を要求してくるような金融会社と言っていいでしょう。また、皆さんもアフィリエイトという言葉を聞いたことがあるかと思います。つまり、その広告を通して申し込み、あるいは成約したら、そのサイト管理者にマージンが入ってくるという仕組みです。「ブラックリストに載せられていてもキャッシング可能」との謳い文句もアフィリエイトであることが多く、仮に成約しなくとも、申し込みするだけでいくらかのマージンが入ってくるわけですから、大手消費者金融でキャッシングを断られ切羽詰まった人はいわば「飛んで火に入る夏の虫」というわけです。

結論から言いますと、ブラックリストに載せられていてさらにキャッシングしようという発想自体間違っていますし、社会もそれを許してくれるくらい甘くありませんから、元気な体があるなら、身を粉にして働きましょう。それが出来なければ、地方自治体に利用できる公的サービスがないか、相談してみるのもひとつの方法です。繰り返していいますが、まかり間違っても闇金融に手を出すことだけはやめてください。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/direktori-perdamaian.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678