気をつけよう、繰り返しの借金であなたの信用情報はこうなる!

借金を繰り返しているので、自分の名前が「ブラックリスト」に載っているのでは?と心配している方がいらっしゃいます。今後自分が住宅ローンを組んだり、事業を始めようというときに融資が受けられないのでは、と考えておられるようですが、ご安心ください。これまで何度も借金をしたからと言って、自動的に「ブラックリスト」に名前が載る、ということはありません。

そのことをきちんと知っていただくためにまずはいわゆる「ブラックリスト」とはそもそも何なのか?そして、こうした情報を管理している信用情報機関とは何なのか、ということをきちんと理解しておく必要があります。

まず、金融機関は主に3つのグループに分けられます。銀行系、消費者金融系、信販会社系の3つです。信販会社はもともとはクレジットカードを発行して、皆さんが買い物をするときに立替払いをすることを主な生業としているわけですが、いまはほとんどの信販会社がキャッシングも行なっています。さて、皆さんが金融機関に融資を申し込んだり、少額であってもキャッシングをするときには、彼らは皆さんの信用情報、つまりこの人は過去にお金を借り入れて、きちんと返済してきたのか、ということを調査します。銀行系、消費者金融系、信販会社系、それぞれに専属の信用情報を調査する機関がついていますし、最近はお互いにそれらの信用情報を共有しあっていますから、日本全国津々浦々どこでお金を借りても皆さんの情報はばっちり調べられてしまうわけです。

さて、この信用情報には皆さんの過去の融資の履歴、それらがきちんと履行されたか、が載せられていますが、収入に見合った借入をし、きちんと返済している限り、何の問題もありません。逆に、もし、過去において債務不履行を起こして、返済事故を起こした事がある場合、それがいわゆる「ブラックリスト」として扱われる、というわけで、金融機関が「ブラックリスト」のようなものを作成しているわけではありません。ですから、単に借金をこれまで何度もしてきた、ということで「ブラックリスト」に名前が載るというわけではないのです。

逆に言いますと、きちんと履行日までに返済しなかったり、まして破産をするなどしていたら、「ブラックリスト」に名前が載っていることになりますから、今後の融資に影響が及んできます。では、その過去の汚点はどのくらい残るのでしょうか?支払いの遅延や調停などを経験したとすると、その情報は5年、もし自己破産したとなると7~10年は事故情報が残り続け、いわゆる「ブラックリスト」に載ったままの状態が続くことになります。その間は融資ができなくなりますから、注意が必要です。

以上、見て来ましたようにきちんと返済を行なっているなら信用情報に傷がつくことはありませんが、やはり借金は借金、しないですむなら一番です。いずれにしても資金は計画性を持って運用しましょう。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/direktori-perdamaian.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2652