知っておこう、キャッシングの歴史、消費者金融はこうして生まれた!

キャッシングの歴史は大変古く、人間が貨幣を生み出した同時期に貸金業者は生まれました。人間、今も昔も考えることは同じで、需要と供給が一致すれば一つの商売が生まれるわけですね。

さて、ここでは主に現代のキャッシングの歴史を見ておきましょう。キャッシングがまさに時代を反映していることがよく分かっていただけるかと思います。

現代の日本の消費者金融の歴史は1960年ごろ大阪で始まりました。当時は「団地金融」と呼ばれた金貸しが一般の顧客を相手に無担保、無保証で始めたのが最初だと言われています。高度経済成長で物不足から物が余る時代に入り、質屋という金貸しが成立しなくなってきたのが背景としてあります。

その後、日本は1970年代にオイルショックを迎えます。皆さんもニュース等で当時の人々がトイレットペーパーを買い占める様子などを見たことがおありかと思いますが、一般家庭にも大きな影響を及ぼし、借金をせざるを得ない人々が増え、一般のサラリーマンが主な顧客だったため、「サラ金」という言葉で当時の消費者金融は呼ばれました。当時の「サラ金」は法律の整備不足もあり、かなりの高利で融資をしていたため、複数のサラ金業者から借金して、首が回らなくっている人の状態を指して、「サラ金地獄」なんて呼ばれていたのもこの時代です。この時代は消費者金融の「雨後の筍」時代で、1983年の時点で23万社もの消費者金融があり、街中どこでもみられたため、「街金」なんていうふうにも呼ばれていました。しかし、貸金による被害も増大する事態を改善するため、国も法律による整備を行い、利子の上限を引き下げたりすることにより、暴利を貪っていた「サラ金」業者は激減し、1984年は3万3千社になりました。

その後は名称も「サラ金」から現在用いられている「消費者金融」へと変わり、金融会社もイメージアップを図るようになってきました。どちらかというと消費者保護が強調される時代背景、また日本の経済状況もバブル崩壊後長引く不況を原因とした自己破産者の増大により、消費者金融の側も審査基準をあげることによる顧客の減少など、難しい時代が続いているといえるでしょう。

現在、無利息ローンや審査基準をすこしでも引き下げることにより、顧客獲得に尽力していますが、消費が停滞している日本経済にあっては、金融会社にとって相変わらずやりづらい状況であると言わざるを得ません。歴史を概観してくると今の時代が消費者金融にとっては受難の時代であることがお分かりになられるでしょう。

それで消費者金融としてはすこしでもキャッシングに対するイメージをポジティブなもの、「安定的なもの」にしようと画策しているのが現状です。つまり、キャッシングとは「借金」であるという概念を薄めているのです。あるデータによると日本人の8人はキャッシングしているとのことですから、いかに私たちの借金に対する敷居が低くなっているかを証明しているのではないでしょうか。

もちろん、何らかの明確な目的をもってキャッシングせざるを得ないこともあるかもしれませんが、なんとなく感覚的にキャッシングしている方は今一度自分のキャッシングに対する見方を見なおしてみる必要があるのかもしれません。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/direktori-perdamaian.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678