人ごとではない、クレジットカードのスキミング被害

現金を持ち歩きたくないため、クレジットカードをもって海外旅行に出かける方は多いと思います。楽しく海外で過ごし、日本に戻ってきたところ、クレジットカードから明細書が届いており、さっと目を通すと、見に覚えのない支払い請求が・・あなたが夢遊病患者か、常習的アルコール依存症で見に覚えのない買い物をする傾向を持っている人でもない限り、スキミング被害にあったといえるでしょう。

スキミングとは銀行のキャッシュカードやクレジットカードの磁気テープに収められている個人情報をスキマーと呼ばれる機械で読み取り、他のカードにそっくりそのまま写し取ることを言います。その結果、その新たに創りだされたカードで第三者によって買い物やキャッシングが行われ、その支払をあなたがしなければならない、という理不尽極まりないことが起きてしまうのです。自分が買ってもないものをなぜ支払うのか、とカード会社にいっても、あなたがその買い物を、あるいはそのキャッシングをしていない、ということを証明するのはなかなか困難なのが現状だけに、その被害は深刻です。

このスキミングですが、決して人事ではありません。なぜなら、クレジットカードやキャッシュカードを通常使用しているつもりで、いつのまにかその情報が抜き取られてしまうことがあるからです。例えば、食事をしてレストランでカードで精算する場合、カードを店員さんにいったん預けて、自分が見えないところで機械(CATと呼ばれる信用情報照会端末)に通されて、「カードをお返しします」となるわけですが、もしかしたら、その店員さんが裏でスキマーでスキミングしている可能性があります。さらに怖いのは、目の前で自分で機械にクレジットカードを通したとしても、そのCAT自体にスキマーが仕掛けられている可能性があるのです。もっと恐ろしいことを言いますと、最近では、機械に通さなくても、誰かにカードを預けなくても、カードを読み取られてしまう可能性があります。例えば、人混みの中、満員電車の中、スーツの内ポケットに入った財布のなかのカードに外からある装置を触れさせるだけで抜き取られてしまう、そんなことすらあるのです。言い換えますと、カードを持っている限り、そしてウチの中において鍵でもかけていない限りは誰でもスキミング被害にあう可能性があるということです。

では、どうしたらこの被害にあわないように自分を守ることができるのでしょうか。まず大事なことはスキミング被害が人事ではないということ、自分もいつでもあう可能性があるということを覚えておくことです。その危機意識こそがあなたを守ります。そして、2番めにカードは便利なものでいざというときに使うのは構いませんが、できるだけ枚数を減らし、使用を控えるなら、それだけスキミングの被害にあう可能性を減らすことができます。そして、3番に、使うなら、クレジットカードよりもキャッシュカードを使うようにしましょう。なぜなら、キャッシュカードは口座から現金を引き下ろすのにさらに暗証番号が必要だからです。そして、暗証番号は自分の誕生日など第三者でも容易に推測するような数字は避ける事です。最後に4番目としてクレジットカードのキャッシング枠は可能な限り少なく、もし通常使うことがないなら、ゼロにしておくことです。それによってもしスキミングの被害にあったとしても多額の現金の引き下ろしをされることはありません。

繰り返しますが、スキミングはいつでも誰でも被害にあう可能性がある、ということを肝に銘じておくことが最も大事です。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/direktori-perdamaian.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2652