無審査キャッシング、借りても本当に大丈夫?

「無審査 キャッシング」というキーワードで検索をかけますと、実にたくさんのサイトにヒットします。その中には「無審査でお金を貸します」というサイトも多く見かけます。冷静に考えると、総量規制の関係もあり、以前よりもますます審査が厳しくなっている昨今、無審査でお金を借りる事なんて出来るはずがない、と判断できるのですが、不思議なことに人間は追い込まれるとそうした判断ができなくなってしまいます。だからこそ、何時の時代にも闇金融と呼ばれる違法な貸金業者がなくならないのでしょう。

ここでは、分かって入るけど「無審査のキャッシングがありえない」理由についてすこし論じてみたいとおもいます。

一番簡単なのは、皆さんが金融業者になって考えてみることです。目の前にいるお客さんはかつて何度も債務不履行を起こしている人、あるいは低収入の人で、他のどこの金融業者にいってもかかる理由からキャッシングを断られた人です。では、あなたは「かわいそうだから、うちだけは融資してあげよう」と思いますか?もしそうならあなたは立派な慈善事業家か、宗教家になれるでしょう。すくなくとも、金貸しという仕事は向いていません。普通の金融業者は考えます、「他で断られたんなら、ウチで何で貸せるわけがないじゃない」。もしくは「他で断られたならきっと追い込まれているだろう、絞りとるだけ絞りとってやろう」、そうです、それがまさに闇金融なのです。

インターネットでヒットするサイトの中にはデザインが洗練されたような、大手と変わらないつくりのホームページもあります。脳は「イメージ」に弱いですから、そういうデザインだと闇金ではなく、「なんとなく、感覚的に」信頼できる会社に違いない、という論理必然でない2つの事柄を結びつけてしまいます。でも、考えてください、洗練されたデザインなんて、お金を払えばいくらだって外注してもらえるのです。

闇金業者が回収が難しい人を相手に借金させるのは一体なぜなのか、とおっしゃる方がいらっしゃいます。もちろん、彼らだって相手から回収不能になるリスクを持っています。ですから、最初は絶対に多額の借金をさせません。せいぜい10万円がいいところでしょう。また、彼らは相手が持っていなくても、追い込めばほかからいくらでも借金する、ということを知っています。同業者で情報を共有し、連鎖的に借金を重ねさせ、親や会社、友人からも借金させます。あまり良い例えではないかもしれませんが、同業者で一緒に「リンチ」するわけです。最初から殴り殺すことはしません。相手が死なない程度に、でもボロボロになるまで殴り続けるのです。

では、あなたはその「リンチ」の真ん中に入って行きたいですか?「無審査でキャッシング」の甘い言葉に乗ることは、自らすすんでその真ん中に入っていくようなものであることを忘れないでください。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/direktori-perdamaian.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678